梨状筋症候群 | 東船橋で丁寧と評判!ミライエ鍼灸整骨院

梨状筋症候群

このような症状はありませんか?

  • お尻から足にかけて痛みやシビレがある
  • 長時間の座位や中腰が続くとお尻や太ももの裏、ふくらはぎに痛みが出る
  • 長距離の運転で痛み、シビレが現れる
  • 歩いていると症状が出現する
  • ゴルフや野球など身体を捻るスポーツが辛い

梨状筋症候群とは

イメージ

梨状筋症候群とは、お尻にある「梨状筋」という筋肉がその下を通る「坐骨神経」を圧迫することで発症します。
通常「梨状筋」は柔らかいのですが、何らかの理由(運動、長時間の運転、デスクワークetc)で使いすぎた(オーバーユース)結果引っ張られたり、緊張したり、縮んだりと柔軟性が失われることで神経を圧迫し、お尻・太ももの裏・ふくらはぎの方まで痛みやシビレを引き起こします。
また、梨状筋そのものの特性として、お尻の打撲や慢性的な刺激、運動などにより骨盤との癒着を引き起こしやすいともいわれています。

重度の場合は便や尿が出にくい、排便・排尿障害が現れることもあります。

坐骨神経のエリアに症状が出ることから「腰椎椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」に症状が似ていますが、梨状筋症候群はMRIやレントゲンでは発見できないのが特徴ですので、しっかり原因や症状に合わせた施術をしていくことが重要になってきます。
上記疾患との鑑別も徒手検査で行うことが可能ですので、しっかりと鑑別していきます。
また、近年では梨状筋症候群の原因が梨状筋症候群だけでなく、梨状筋をはじめとする股関節外旋筋群(つま先を外側に向けるような動きをする筋肉)や周辺組織の問題に影響があると言われているため、「骨盤出口症候群」や「深殿部症候群」などを総じて「梨状筋症候群」と呼ばれている場合もあります。

当院での梨状筋症候群へのアプローチ

イメージ

梨状筋症候群を引き起こしてしまう原因として、骨盤の歪みや左右差が関わってくることがあります。
土台である骨盤が歪むことで、本来なら左右のお尻に均等にかかるはずの負荷がどちらかにだけ蓄積すると、片方の梨状筋が硬くなるため、痛みやしびれなどの症状につながります。

当院では梨状筋症候群の治療として以下のような方法でアプローチをしていきます。
影響のある筋肉や硬くなったお尻の筋肉の硬さを取ること、鎮痛効果、坐骨神経を直接刺激する目的で鍼治療を行ったり、根本の骨盤の歪みや左右差を調整するために専用のベッドを用いて骨盤矯正を行ったりと患者様のお身体の状態に合わせて最適なものをご提案させていただいております。
なかなか痛みが引かずお悩みの方は、まずは一度お気軽にご相談ください。

執筆者:柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師
齋藤鈴華スタッフ詳細

幼少期から現在までサッカーをプレーしており自身の悩みから治療家を志す。
大学、専門学校で学び3つの国家資格を保持。
鍼灸や矯正など状態に合わせたアプロ―チで改善の近道を提案します。

スタッフ詳細を見る
ページ先頭へ
WEB予約 LINE予約 電話予約