便秘 | 東船橋で丁寧と評判!ミライエ鍼灸整骨院

このような症状はありませんか?

  • お腹の痛み
  • お腹が張って苦しい
  • 3〜4日便が出ないことがある
  • 便意はあるのに排便ができない
  • 排便に時間がかかる
  • 排便してもスッキリしない

なんで便秘は起きるの?

イメージ

食べ物は胃や腸で消化・吸収され水分の多い液状となって大腸に入り、水分が吸収され固形化(便塊化)します。
便塊が大腸内に滞留すると、水分がさらに吸収され便塊は硬く小さくなります。

食べ物を送り出すために胃に食べ物が入ると胃・結腸反射という指令によって蠕動運動(=腸がくびれて物体を送り出す運動)が起こります。
便が直腸に達すると脳から排便を促す指令が送られます。

消化管の動きは、自律神経によって支配されています。
ストレスのかかった状態が続くと自律神経がうまく働かなくなり、指令が正常に送られず蠕動運動が鈍くなります。
こういったことから便が滞ることで便秘は起こるといわれています。

どんな種類があるの?

便秘には3つの種類があります。
・弛緩性便秘
便秘の中で頻度が最も多く女性や高齢の方に多いタイプです。
腸管の緊張が緩んでしまい、蠕動運動が十分に行われず便が滞ることで水分が過剰に吸収され硬くなります。
運動不足、水分不足、極端なダイエットが原因でお腹の張り感や食欲低下、肌荒れ、残便感などの症状があります。

・痙攣性便秘
便がうまく運ばれないため、コロコロとした便になるタイプです。
副交感神経の過度な興奮により腸管が緊張しすぎて発生します。
環境の変化などの精神ストレスや、腸の神経が過敏な状態が原因にあり、食後に下腹部痛、残便感などの症状があり、便秘と下痢を交互に繰り返すこともあります。

・直腸性便秘
高齢の方や寝たきりの方、痔や恥ずかしさにより排便を我慢する習慣がある方に多いタイプです。
便が直腸に達しても排便反射がうまく起こらず便が滞留してしまいます。

また、腸管の癒着や大腸癌、腸閉塞などの器質的な原因で便秘が起こるタイプもあります。
※血便、激しい腹痛、嘔吐などの症状がある場合は重篤な病気の可能性があるため病院への受診する必要があります

便秘に対する当院の治療法

イメージ

当院では、内臓の調整に力を入れています。

内臓も筋肉・神経・血管のように筋膜で覆われています。
内臓周囲の筋膜にアプローチすることで内臓への血流が回復したり、内臓の働きが良くなることで、局所的な不調から全身症状まで良い影響を与えることができます。
また一緒にお身体のバランスの調整も行うため内臓だけではなく全身に負担のかからないお身体の状態になります。

便秘や胃腸の不調でお困りの方はお気軽にご相談ください。

執筆者:柔道整復師
平川勇馬スタッフ詳細

資格取得後様々な経験を積み2018年にミライエ鍼灸整骨院を開業。
小学校~大学まで野球をしており、その中で痛みがなかなか改善されなかった経験から治療家を目指す。
今でもトレーニング等運動は続けており、身体の使い方を学びながら定期的に施術の勉強会にも参加し治療の質向上に取り組む。

スタッフ詳細を見る
ページ先頭へ
WEB予約 LINE予約 電話予約