足底筋膜炎

こんな症状はありませんか?

  • 起床時の一歩目に強い痛みを感じる
  • 歩行や階段昇降でかかとの内側が痛む
  • 踵の内側を押すと痛む
  • つま先立ちで痛みが増す
  • 立ち仕事や長時間の歩行で、かかとや土踏まずが痛む
イメージ

足底筋膜(腱膜)炎は、踵骨(かかとの骨)と足底筋膜との付着部に
強い牽引力や着地時の衝撃等の過大な負荷が繰り返しかかることによって
炎症が発生し、痛みを引き起こしたものです。
主に痛みが出る部分は足底内側の土踏まずとかかとの間です。

そのため、普段あまり運動をしていなかった人が
急に足底に衝撃を与える長距離のマラソンやバレーボールなどの
ジャンプ競技を行った場合も痛める原因となります。

さらに、長時間の慣れない靴での歩行や立ち仕事など足の無理な使い過ぎや
足底アーチの低下やバランスの乱れが主な原因となります。

当院では痛みを引き起こしている部位への筋膜リリースや鍼灸治療、
テーピングなどで今出ている痛みの改善に加え、
原因である足関節や足底アーチの乱れ、全身の骨格のバランスを調整し
足底に負担のかからないお身体づくりで
その場しのぎではなく根本改善を目指します。

悪化、慢性化させない為にもお早めにまずはご相談、ご来院ください。

ページ先頭へ