腱鞘炎

こんな症状はありませんか?

  • 手首を動かすと痛みがある
  • 指の曲げ伸ばしで引っかかりや音を感じる
  • 指を曲げることや伸ばすことができない
  • 子供を抱っこする時痛い
  • 家事の際手首が痛い
イメージ

手には手首から指先にかけて腱と腱鞘があり、腱鞘とは腱が中を通るトンネルのようなもので字の通り腱を包み込んでいる鞘(さや)です。
指や手首を曲げ伸ばしする際に腱が動くのですが、この腱鞘のおかげで周りの組織との摩擦がなくすべりが良くなり、スムーズに動くことができています。
様々な理由で腱と腱鞘の動きが悪くなって摩擦が起き、炎症が発生してしまうものが腱鞘炎という訳です。

腱鞘炎は手指を多く使うひとに発症しやすいのですが、この他にも「更年期以降の女性」や「産前産後の女性」にも多く見られます。
これには女性ホルモンの影響があると言われており、使い過ぎ以外の要因もあるということです。

この腱鞘炎に代表されるものが「ドケルバン病」と「ばね指」です。
ドケルバン病とは手首の内側(親指側)に痛みが生じるもので、親指を伸ばす筋肉と外に開く筋肉の腱が上記の部分で腱鞘と摩擦が起き炎症が起きてしまったものです。
最近ではスマートフォンの普及もあり、より親指を酷使する場面は多いといえます。

ばね指とは手のひら側にある指を曲げる筋肉の腱が腱鞘部分で引っかかり、基本的には曲げてから伸ばす動作の際に発生します。手のひら側には腱鞘が多く、指の第2関節付近や手のひら付近などにみられます。
初期は痛みなどが主症状ですが、進行して腱鞘が肥厚してくると指がすぐに伸ばせなかったり、クリック音がしたりします。

治療としては炎症が強い場合はアイシング、その他電気など物理療法、原因である腱の筋肉の緊張緩和、テーピングでの固定・サポート、鍼治療、手首のアライメント(関節の位置)調整をすることで症状改善を図ります。
ですが日常での手指の酷使が出ないようご自身で際つけて頂くことも早期改善の近道となります。お困りの際は是非ご相談ください。

ページ先頭へ