こんな症状はありませんか?

  • 長時間同じ姿勢が続くと痛みが出る
  • 体を反らしたり、動かしたりすると痛みが強くなる
  • 日常のふとした動作をきっかけに激痛で動けない
  • 腰を揉んでもらうと一時的に楽になる
  • 安静にしていると痛みが治まる
  • 日々ストレスを感じている
イメージ

厚生労働省の調査によると日本人のおよそ4人に1人が腰痛持ちであり、しかも一生のうちに腰痛を経験する人は全国民の84%にまで上ります。
まさに腰痛は国民病と言えます。

同じ姿勢や前屈みの体勢、重いものを持つ、デスクワークなどで長時間座っている人はなりやすいと言われています。
そして腰痛のはストレスが大きく関係するので自律神経の乱れも影響してきます。

腰痛は腰に負担が蓄積し、筋肉や筋膜、神経の損傷、腰椎が捻挫した状態などの異変によって起こり、突然激しい痛みを感じ立ち上がることが困難になったり、鈍い痛みが長期間続いたりするような症状があらわれます。

レントゲンやMRIなどの画像診断では骨や腰の構造に「異常がない」「原因不明」と言われ足のしびれなどの神経症状も出ていない腰痛の痛みの根本原因は筋肉の硬さ、硬結(こり)です。
痛みが出ている状態ではある程度の安静は必要ですが、安静にしすぎるとますます筋力を弱め、血流が悪くなり筋肉の硬さ、硬結(こり)が悪化して痛みがひどくなってきます。
それを改善するためにも筋肉表面だけでなく深部までアプローチ、治療する必要があります。

痛みが強い時期には鍼治療が効果的です。
そして根本改善や予防には骨盤矯正が効果的です。
鍼灸と骨格矯正を組み合わせて腰に負担のかからないお身体をつくることが、痛みの消失だけでなく再発防止、予防への近道となります。

ページ先頭へ