産後骨盤矯正

こんな症状はありませんか?

  • 妊娠中、または産後からの肩こり・腰痛
  • 膝が曲げ伸ばしや立ち上がりで痛む
  • 体型・体重が戻らない (骨盤の広がり)
  • 手首が痛い(腱鞘炎)
  • 股関節の痛み、歩くときの痛み
  • 仰向けで寝ると腰が痛い、抱っこで背中が痛い
  • 不眠、イライラ、尿漏れ
イメージ

当院では産後整体に力を入れており、産後のママさんが多く来院されます。
骨格矯正専門のベッドを使用した骨盤矯正で歪みや腰痛、肩こり、膝痛、尿漏れ、ポッコリお腹などに加えて腱鞘炎や産後のストレスからくる自律神経の乱れにも対応しておりますので産前産後の様々な症状でお困りのかたは是非ご相談下さい。

妊娠~産後にかけてはお腹に赤ちゃんいる期間がある影響で物理的に骨盤や背骨に変化が出るということもありますが、同時にホルモンや神経の作用によってお身体に様々な変化が出てきます。

この産前産後の変化にお身体が対応できず症状が出てしまいますが、しっかりとケアしてあげれば改善、予防することができます。

産後の骨盤矯正を受けるのは自然分娩のかたが多いと思われがちですが帝王切開のかたにも背骨や骨盤がゆがんでいることが多くみられますので注意が必要です。

まず産前の妊娠中ですが、基本的に安定期に入ってしまえば施術を受けても問題ありません。
お腹が大きくなってきますが、特殊な施術用ベッドを使用してうつぶせでもお腹に負担のかからないマタニティ治療が可能です。
当院では骨盤矯正の他にも鍼やお灸での治療もできますのでご相談下さい。

産後は一般的に「床上げ」と言われる時期(産後4週前後)からは治療を始めても問題ありません。

ただ出産時の骨折や体調の良し悪しには個人差がありますので産婦人科と相談してもらうとより安心でしょう。

逆に半年から1年以降だと骨盤が固まってきますのでその前に施術を開始できるとベストです。
骨盤の固まる時期は個人差がありますが、ホルモンの影響を受けるので母乳であるかどうかなども関係してきます。

イメージ

もし産後骨盤矯正をした方がいいか悩んでいるのであれば是非受けてみてください。
歪みや痛みは時間が経過して現れてくることもありますし、筋肉や靭帯などが緩みやすい産後の時期は今までの姿勢のクセを治していくチャンスでもあるのです。
施術と同時にお家でできるセルフケアもお伝えしていきますので合わせて実践して頂くとより効果的です。

ページ先頭へ
WEB予約 LINE予約 電話予約