ヘルニア・坐骨神経痛

こんな症状はありませんか?

  • 長く座っているとお尻周辺が痛くなり座っていられない
  • 太ももの裏側や外側、足先にしびれるような痛みがある
  • 歩いていると痛くなり、歩けなくなる
  • 腰に痛みがあり、足がつってしまうような感覚になる
イメージ

まず、ヘルニアや坐骨神経痛はよくなる場合が多い症状ですのでおまかせください。
神経症状は改善まで時間を要することもありますが、お身体の使い方や姿勢により負担を減らすことが改善の近道となります。

「坐骨神経」とは主に腰椎の神経の4・5番、仙骨の神経1~3番からなる人体で最も太い神経です。
これがなんらかの原因で圧迫・伸長されると坐骨神経の領域に痛みやしびれなどの症状が出てきます。

主には、ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群(坐骨神経痛)などで発生し、圧迫を受けている部分で病名が変わってきます。

腰痛持ちの方には「ヘルニア」と診断された方が多くいらっしゃると思います。
しかし健康な方でも7割近くの方に少なからずヘルニアはあると言われているので、画像診断でヘルニアが見つかったとしてもそれが原因ではない可能性も高いのです。

実際腰痛の方でヘルニアが原因の方は3~5%程度しかいないと言われています。
そして健康なかたでも画像診断を受ければ60~70%くらいで大なり小なりヘルニアが見つかると言われていますので症状の原因がヘルニアとは限らないのです。

特にヘルニアは治らないと思われがちですが、施術や身体の細胞の働きで改善することも多くみられます。
逆に太ももの前側などに症状が出るものは「大腿神経」に障害が出ている場合があります。
ただ、神経は長い時間圧迫を受けているほど、しびれが残りやすくなってしまうので治療は早いほうが効果的です。

当院での骨盤矯正や整体、鍼灸治療では、圧迫を受けている部分や原因に直接アプローチできます。
そして筋膜リリースを直接神経に行うことにより神経自体の血流や伸張性の改善もできるので是非体感してみてください。
原因部分も徒手検査である程度の診断はできますので、まずは1度ご相談ください。

ページ先頭へ
WEB予約 LINE予約 電話予約