四十肩・五十肩 肩関節周囲炎

このような症状はありませんか?

イメージ

四十肩や五十肩の名称は、一つの症状や状態を指す病名ではありません。

40~60歳台の加齢による変性を基盤として、柔軟性の低下など病的変化が肩関節の一部の組織に限定してというよりは、周囲の軟部組織(筋肉・腱・靭帯・関節包・滑液包など)に広範囲に及んでくるいくつかの症状、状態を総称する臨床的な症候名です。
明らかな原因がなく発症した肩関節の痛みと運動制限、関節の可動域制限がみられる患者に対しては、凍結肩を疑います。

臨床的には炎症期、拘縮期、回復期に分けられます。

  • きっかけもなく急に肩に激痛が出た
  • 肩の痛みが移動する
  • 夜中に肩の痛みで目が覚める
  • 肩だけでなく腕にも痛みを感じる
  • 痛みは無いが肩が動かせない
  • レントゲンでは異常が無かった
  • 服を着替えたり、髪の毛を整えたりするのが辛い

激しい痛みの炎症期

痛みがもっとも強い時期です。肩の関節に炎症反応が生じて、ある日突然肩を動かしたときに肩~腕に鋭い痛みを感じ、しびれを伴うこともあります。
痛みが強く寝られない、夜痛みで目が覚めてしまうことも少なくありません。

肩の動かせる範囲が制限される拘縮期

急性期の炎症による肩の痛みが軽減されてくるとともに、痛みの種類が鋭い痛みから重だるい様な鈍い痛みに変化し、肩の関節可動域が制限され肩関節の拘縮が起きてきます。
「痛みのために肩を動かせない・・・」、「動かすと痛みが出るのではないか・・・」と、肩を動かさないでいると、筋肉の拘縮が起きてさらに動かなくなってしまいます。

積極的に運動療法を行っていく回復期

痛みや可動域制限で固まってしまった肩関節、筋肉の拘縮が次第に寛解する時期です。
肩の動きが改善し、夜間痛も改善されてきます。
徐々に動かせる範囲を拡大させるように運動療法やストレッチを継続していきます。

四十肩・五十肩の治療は正しい時期に適切な処置が重要です。

急性期には、傷害組織の消炎、鎮痛。慢性期ではそれに加えて、拘縮の進行を防ぐために循環の改善、促進し、また回復期には積極的に運動療法、ストレッチを行っていきます。

痛みが強い時期には鍼灸治療も効果的ですし、骨格矯正により肩関節に負担のかからないお身体をつくることが痛みの消失、そして予防への近道となります。

類似した疾患に、肩峰下滑液包炎、石灰化沈着炎、腱板炎、腱板断裂、関節包炎、上腕二頭筋長頭腱炎などがあるので鑑別に注意が必要です。

ページ先頭へ