テニス肘(外側上顆炎)

こんな症状はありませんか?

  • 家事をする際肘が痛む
  • 重いものを持つときに肘が痛む
  • テニスやゴルフをする時に肘が痛む
  • ひどい時は腕を垂らしているだけで肘がジンジンする
  • 子供を抱っこする際肘が痛む
イメージ

よく「テニス肘」と言われる症状をご存知でしょうか?
これはテニスをするかただけに発症する訳ではなく、
スポーツをしない主婦のかたにも発症し、正式には「外側上顆炎」といいます。

腕や手首、指を使う際の筋肉の使い過ぎや硬さが原因となり、
付着部である肘の外側が痛くなるのが特徴です。

筋肉の付着部の微小な断裂や骨膜の炎症である為、
筋肉の太い部分とは違って血流も少なく症状が長期化しやすい傾向があります。

当院では鍼治療や筋膜リリース、テーピングなどで
患部周辺へ直接アプローチすることももちろん可能ですが、
肩甲骨の位置や姿勢など体幹の使い方を治すことによって
腕の負担を減らし、症状改善への近道となることもあります。

人間の身体は手先で力を出すよりも体幹周りの力を
うまく利用した方が負担の少なくなる構造なのです。
実際に整体でお身体のバランスを調整して肘の痛みが
軽減した患者様も多くいらっしゃいます。

長期化、慢性化する前にご相談下さい。

ページ先頭へ