ブログ

上肢痛について「絞扼性神経障害」

こんにちは!腕の痛み、しびれ、脱力感、冷感、神経症状のお悩みはお任せください。

骨盤矯正・鍼灸・筋膜リリースでトータルアプローチ!

東船橋駅から徒歩1分にありますミライエ鍼灸整骨院です。

 

前回に引き続き「上肢痛」をご紹介していきます。

 

今回は絞扼性神経障害です。

 

前回ご紹介しました胸郭出口症候群と同じ様に、上肢、腕の神経が走行中に

何かしらの原因によって起こるものです。

 

肘から下の内側にある円回内筋が原因となって正中神経が圧迫されて症状が現れるもの、

 

円回内筋絞扼ポイント

 

肘から下の外側にある回外筋や短橈側手根伸筋が原因となって橈骨神経が圧迫されて

起こるものが代表的なものとなります。

 

回外筋 短橈側手根伸筋絞扼ポイント

 

症状としてはそれぞれ肘から下の部分、前腕および手指の正中神経、

橈骨神経領域に痛みやシビレ、知覚鈍麻がみられます。

 

正中神経・橈骨神経支配領域

 

痛みやシビレの症状がどの範囲に現れているのか、

根本原因である絞扼が起きているポイントの圧痛をしっかり鑑別判断し

弛緩させてあげることが早期治癒につながります。

 

ミライエ鍼灸整骨院

千葉県船橋市東船橋3-1-5オアーゼ東船橋001A

TEL047-779-3514

ページ先頭へ