ブログ

上肢痛について「ドケルバン病」

こんにちは!腕の痛み、しびれ、脱力感、冷感、神経症状のお悩みはお任せください。

骨盤矯正・鍼灸・筋膜リリースでトータルアプローチ!

東船橋駅から徒歩1分にありますミライエ鍼灸整骨院です。

 

 

前回に引き続き「上肢痛」をご紹介していきます。

 

今回はド・ケルバン病です。

 

ド・ケルバン病は手首の親指甲側にある橈骨茎状突起部と

伸筋支帯とで形成される第一区画内を通過する

長母指外転筋の腱の部分と短母指伸筋の腱の部分に

炎症が起きて腫れや痛みを感じる狭窄性の腱鞘炎です。

 

長母指外転筋は主に親指を外側に広げる作用がある筋肉です。

短母指伸筋は主に親指を伸ばす作用がある筋肉です。

 

したがって、親指を広げたり、動かしたりと手首や親指の運動に伴い強い痛みを感じます。

第一区画部に腫脹、圧痛、熱感、硬結を認めるものもあります。

 

更年期や周産期の女性に多く発症します。

手の使い過ぎや指をよく使う仕事の人にも多いのが特徴的です。

両側の発症は少ないが、利き手に多いとは限りません。

 

検査法としてフィンケルシュタインテストがあります。

親指を握りこみ、手関節を小指側に曲げ伸ばしたときに痛みが増強したら陽性です。

当院では痛みが出ている部分には鎮痛効果を目的に鍼灸治療を行い、

症状が強い場合はテーピングで親指から前腕中央までを固定することで運動に制限をかけて安静を保持します。

 

親指や手首の使いすぎや使い方に問題があり痛めることが多い疾患です。

痛みを我慢して日常生活を過ごすよりも、早めに適切な治療をしてあげることで早期の改善が期待できます。

手首の痛みを感じている方はまずはお気軽にご相談ください。

 

 

ミライエ鍼灸整骨院

千葉県船橋市東船橋3-1-5オアーゼ東船橋001A

TEL047-779-3514

 

ページ先頭へ